究極の釣り

P1000340

いやー、忙し過ぎる日々が毎日毎日続いて、本当に参ってしまいそうです…。キャパを超える仕事に自分自身の心と体を同調させるのに四苦八苦しております。

 

しかしです、そんな限界に近い状態で毎日を過ごしながら、神経だけは研ぎ澄まされた状態であり、通常の穏やかな状態では思いつかないようなことを思いついたりしています。

 

そんな中で、「究極の釣り」とは、いかなるものかを考えることがあるんですね。このブログを読まれているたくさんの読者の皆さん、「究極の釣り」とはいかなるものなんでしょうね。どんな考えが浮かびましたか。うーん、まあいろいろな考えがあるでしょうね。誰かは、「1日に100匹の魚を釣ることです。」と言うかもですね。またある人は、「30cmを超えるメバルを1日に10匹釣ること。」と言うかもですね。4kgのイカを釣ること、指7本以上の太刀魚を釣ることなどなど。まあこれは、いわば釣りにおける「夢」に当たるような話かもしれませんね。

 

魚のサイズや重さ、数などを挙げればキリがないでしょう。ただ、今の自分はそのようなものには、あまり興味がないんですね。「30cmを超えるメバル」も釣れたら楽しいです。「たくさん釣れる」ことも楽しい時間が過ごせますよね。でも、それを実現するためには、結構な装備の準備と時間がかかるということです。

 

つまり、究極の釣りとは、「装備と時間の無駄」が全くない釣りではないかと考えています。もう少し簡単に言うと、仕事の終わりに「今日の夕食は、おいしい25cm程度の魚の塩焼きが食べたい。」と思ったとしましょう。そうすると、普通の人は、「どこそこのスーパーに行って鮮度の良いアジやメバルを買ってこよう。」と考えますよね。それが普通です。そのスーパーに行って買い物をすることと、「帰りがけに海に立ち寄ってその魚を釣って持ち帰る」ことを、全く同じ時間ですることはできないかと考えました。

まあ、仕事をしている日は疲労も蓄積しており、そんなことをする時間もありませんので、「釣りをすることを決定してから、全ての準備を整えて海に出かけ、25cmクラスの魚を2匹(夫婦2人分の魚)釣って帰ったら、全ての片付けを終える」までを1時間ですることとしました。

 このミッションを完成するためには無駄な時間は一切使えません。全てが一連の動作で行われないと不可能な計画だと思います。このミッションの実現のために、「装備の準備を事前に完璧に行っておくこと」「自宅付近で絶対に釣れる場所に行くこと」「釣りの仕掛けの操作や釣れた魚の処理などを一連の動作で短時間で行うこと」など、細かい配慮事項をたくさんクリアしてきました。

 

 で、やってみました、このミッション。5月20日(日)19時45分。「今から釣りに行ってくる。」と嫁さんに伝えます。嫁さん「?」。意味が分かっていません。そうでしょうね。21時の「ブラックペアンまでには帰ってくる。」とだけ伝え出発。事前にバイクでチェックしておいたポイントへ。かなりレア(超危険なとも言いましょうか)な場所なので、手に荷物は持ちません。全て体に装着します。その場所に着いたらすぐさま釣り開始。潮の流れを確かめながら、魚が居着いている場所を計算して仕掛けを投入します。鉄板ワーム①でじっくり誘っていくと、「ガツン」としっかりとした当たり。すぐ取り込みミニクーラーへ投入。すぐさま鉄板ワーム②へチェンジして、再度仕掛けを投入。今度は、「グワツン」と強烈な当たり。引き味を楽しみながらもぶっこ抜き、すぐさまクーラーに入れたら、片付け開始。テトラをよじ登り、帰路につきます。家に帰ったら、魚(メバル)のエラと内臓をとって冷蔵庫に入れ、仕掛けを水洗いして終了。ここまでで20時57分。何事もなかったように、21時から始まる「ブラックペアン」を夫婦で鑑賞していました。自分の考える「究極の釣り」の完成です。翌日の、「究極メバルの煮付け」(これは以前にブログ内で紹介済み)を作り(ああ、これも煮る時間はった5分です。)、本当にミッションの終了です。最高でしたね。休みの日も朝から晩まで仕事をしなければならない自分には、この釣りがいいのかもしれませんね。

 

しかしです、本当はゆっくり半日なり一日の釣りを楽しめる時間ができるような仕事ができれば一番いいんですが…。何か、だんだん仕事の量が増えてきています。「TETSUさんにしかできないことなので。」と、頼られるのはいいことなんですが、今年は55歳になり、なおかつ2回も心臓の手術をして満身創痍の自分に、あまり負担をかけないでほしいというのが本音のところでもあります…。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中