エギングの完全制御に成功した夜!

P1000284

いや~、国体で愛媛県全体が沸いている今日この頃ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?私、TETSUGTRは、毎日毎日、本当に忙しい日々を送っておりますが、この9月・10月は、エギングのことで頭が一杯になっております。

 

エギング、難しいですよね。自分も7年間、四苦八苦してきました。ラインを制御することが大切だと分かってから、随分とエギングの腕が上がってきております。まあ、長かったですね。同僚だったT専務に、「ほぼ自分のしゃくり方と同じだと思います。あとは、しゃくり方の強さですかね。」というアドバイスを受けてから、しゃくるスピードアップに邁進してきました。まず、強くしゃくるための道具について研究しました。強くて短く、軽くてしなやかなロッドが必要とわかり、「シマノセフィアCI4S709L」を購入しました。何と89gという超軽量。そこにセフィアCI4C3000SDHを加え、エギングでは、多分、最軽量なシステムが完成しました。このロッドを使うことで、「ラインスラックを使って強くしゃくる」方法を理解することができました。これで、近距離にいるイカを何匹も釣り上げることに成功しました。

しかし、最近のエギングブームで、近距離のイカがスレ始めたことと、ロリイカをこぞって捕獲されたことで、非常にシビアな状況が続いていました。そこで、遠投をしてイカを集めてくる必要感に迫られ、「グラファイトリーダー カラマレッティー トュレー902M-LD」を購入。そして、超高性能に感動したセフィアCI4C3000SDH(2代目)を購入。このロッドと「ロケッティア ホバロック」で超大遠投し、このロッドでしかできない「TETSU式超高速ショートジャーク」を開発。これで、潮の流れに乗って回遊しているジャンボな個体の捕獲に成功。この強烈な引きを体験したことで、本当のエギングの楽しさを理解することができました。

そして、今年…。いろいろ考えたんですが、自分流のエギングスタイルを完成させるには、中距離のエギングを制覇するべきだという結論に至りました。本当に3本もエギングロッドが必要なのかと悩みに悩みました。エギングを制覇するために20万もの資金を投入する必要があるのかということなんですね。そして、しゃくりスピードの遅い自分が、709よりも長いロッドを使いこなせるのかと悩みました。しかしです、「シマノセフィアCI4S803ML」なら、S709と同じ89gであることを考え、本当に思いきって購入しました。それに、先日、新製品として登場したセフィアCI4C3000SDH(3代目)を購入。今日、試運転をしてみました。

実際に使ってみてびっくり。これは驚異のロッドです。もう世界最強ですね。このロッドなら、どんな当たりでもとれると実感しました。そのくらい繊細なロッドです。しゃくり方についても、超正確に自分の意志を伝えることが可能です。まさに、どんな場所でも、どんな状況でも自分のエギングスタイルで釣りができると思いました。そのくらい凄いロッドとリールです。今日は、短い時間でしたが、バンバンイカをヒットさせることができました。楽しかったですね。時間いっぱいイカの当たりを堪能することができました。贅沢と言えば贅沢だと思います。単に最強の道具を揃えただけなので、「ポルシェに乗れば、そりゃあ誰でも走れるでしょうよ。」ということなんですけどね。しかしです、7年間、毎日毎日、研究に研究を重ねた自分だからこその結果であるとも思っています。そりゃあ、誰でもポルシェを思い通りに走らせるドライビングテクをもっているとは思えませんからね。

禁断の領域まで到達してしまった感はありますが、今日は、フレンド松前店さんで、「エギング大会ありますよ~」と勧誘されました。「いえいえ、たいした腕ではありませんので。」とお茶を濁しましたが、ひょっとしたら何年かしてエギング大会に出場している自分がいるかもですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中