デカメバルが動く日

P1000235
にほんブログ村

にほんブログ村

暑い日が続いております。皆さん、お元気にお過ごしでしょうか。TETSUGTRも、暑さに負けないように頑張っております。最近は、1日1食生活を送っており、体重が少しずつ減ってきております。

 ここ数日、STMWWO理論では、デカメバルが動き出す日でした。仕事の疲れもありますが、気力を振り絞って行ってました。

 結果ですか?やはり読み通りに大きなメバルが、うようよしていました。松山近郊でもデカメバルがタムロしている場所があるんですね。新しい場所、発見しました。

 そこは、潮の流れが速く、大潮周りの時期には、仕掛けがあっという間に流され釣りになりにくい所です。しかしです。潮がほんの少し緩むタイミングを狙って仕掛けを投入すると、複雑な流れの中にある藻の中から、ジャンボな個体がアタックしてくるんですね。これが、思いの外、でかいんですね。アベレージで23cmといったところでしょうか。
時間帯が合えば、バタバタと釣れることがあり、楽しいです。

 ただ、前回の釣行時に体験したことなんですが、メバルがほぼ終了したと判断した後に、アジングでメバル層の下を探ると、そこにアジがタムロしていることがあるということなんですね。その日も、アジングに変えた(仕掛けは同じですが)途端、アジがポロポロと釣れだしたんです。楽しかったですね。ですから、メバルが釣れなければアジングに変更も有りということになります。メバルもアジも狙える楽しい季節であることを確認しました。
 
 今回は、潮の流れが特に速く、「今日は、だめかもな。」と思いながら、仕掛けを投げ続けました。予想通りでした。今日は、そこにいる群れが少なく、メバル層の下にアジもいません。しかしです、潮の流れが緩み始めた頃、少し場所を移動して仕掛けを投入してみました。すると、これまでとは明らかにトルクの違うメバルがグラファイトリーダーの竿をひん曲げました。月下美人のリールのドラグが鳴きます。その個体は、大きな藻に自分の体を突っ込み、引きに堪えます。暫く、巨体との格闘が続きました。ゆっくりゆっくりと藻から引きはがし、一気に抜き上げました。24cmの青地メバル、ゲットしました。納得のファイトでしたね。それ以降、何匹か同じような個体の引きを楽しませてもらいました。ありがとうございます。広島から帰っている息子のために、「TETSU式最高級メバルの煮付け・アンド・アジフライ」を食べさせてあげましょう。これ食べて頑張ってね!

  それからですね、ここは、「イカもいけるかもな。」なんて考えてもおります。9月中旬からは、イカにシフトしますが、今年こそはと思っておりまして、何とか自己最高記録を残したいと思っています。そのための近場ポイント第一候補になりそうです。楽しみ、楽しみ!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中