最後の砦、T島釣行へ

P1020358P1020359 
皆さん、お元気ですか?最近、少しずつ暖かくなってきましたね。TETSUも、超多忙を極めるハードスケジュールの中、何とか生きて頑張っております。

釣りの方は、どうですか?釣れてる方はいますか?メバルはどうですか?
我が釣りクラブは苦戦が続いております。メバル、釣れません…。

今の時期、どこでメバルをつればよいのでしょうか?誰かおしえてください!釣りクラブでは、この苦戦を打開すべく、最後の砦として考えていたT島への釣行を決行することにしました。メンバーは、M会長代理、Y常務、T専務、そしてTETSUの4名です。

全く初めての上陸であり、どう戦っていいのか分からないままの不安な釣りでした。

夕方5時到着。対岸にある高浜の景色を見ながら、イメージを広げます。小さな島でした。あっという間に行き止まりで、釣れる場所は限られています。

Y常務のわずかな情報をもとにポイントに入りました。まずは、カブラ。1投目から当たりがあり、15cmほどの小さなメバルがヒット!続けて何匹か釣れましたが、日没と同時に当たりが遠のきました。

次のポイントには、階段があります。大人2人がようやく投げられる感じでしょうか。そこでT専務が、「釣れました~。」「えっ?、もう?」「まあまあ大きいです。」
竿のしなり具合からかなりの大物であることが判明。一度は藻に潜られますが、ガイドの先端が折れた竿で根性のリフトアップ!はい24cmのジャンボメバルゲットです。

さすがT専務。これで気合いが入りました。自分もジャンボメバルを思いますが、全く当たりがありません。隣で次々と釣り上げるT専務を見ながら、自分との違いについて考えました。同じスローシンキングのキャロに、ロケットプラスのJH。ほぼ同じなんですが、自分には全く当たりなし。釣りって奥が深いですね~。

このポイントのメバルはT専務に任せ、自分は、他のポイントに移動することにしました。下見でチェックしていたポイント。ここは葦(?)が茂っており、コンクリートの台が目印になっています。潮の流れが速くやや深くなっているので、メバルの雰囲気がアルアリでした。3投目くらいだったでしょうか。ガツーンと大物確定の当たり。ゴリ巻きで上がってきたメバルは、23cmと微妙なサイズでした。「イマイチか~。」と思いながら連投すると、さらにゴーンと当たりがあるのですが、20cm前後のより微妙サイズ…。

さらに移動しながらポツポツメバルやカサゴを拾っていきました。でも全て微妙サイズ…。波止についたので、鰺でもと仕掛けをアジングに変更してみると、ドーンという当たり。鰺もいいねと思ってあげてみると、はは、メバルちゃんでした。ちゃんちゃん。うーん、思い通りにならないものですね。

まあY常務が50cmはあろうかというアコウを釣ったので、T島のポテンシャルは理解したのですが、いかんせん釣果が…。もっとポンポン釣れることを期待していました。残念です。

朝の釣りに期待がかかりましたが、雨のためジ・エンド。不完全燃焼のままT島での釣りが終了となりました。

まあジャンボメバルがポンポン釣れる場所なんてそうそうはないですよね。分かっているんですが、大物を求めるのが人間の性というものですよね。

次は、本当に最後の究極の島A島にいくぞ。待ってろ、メバルパラダイス…!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中