メガメバル釣れませ~ん…

P1010942うーん、メガメバル釣れません。まあ簡単に釣れるわけもなく、覚悟はしていたんですが…。今回は、M会長代理、T専務と3人での釣行となりました。AM5:00ジャンプ土居田店集合。いつものように店員さんと談笑しながら気分を高めます。車内では、作戦会議。まだ見ぬ佐田岬の怪物に思いをはせます。

AM7:00、戦場に到着。しかし、平日の早朝にもかかわらず、駐車場には、もう3台の車が…。やる気のある人は凄いです。いい場所は、すべてとられていましたので、やむなく第2ポイントへ。ここは、初めての場所となります。早速、仕掛けを投入すると…。いきなりウキが海中へ!「ヒット。」これは、竿がグイーンとしなり、大物の証であるラインの鳴きが始まりました。ぐっと腰を下ろし竿を立て取り込み体制に入ります。2人の注目を浴びながら上がってきたのが…。何と…、これが…………………………………………?

かなり引っ張りましたが、でっぷりと太ったフグ2匹でした。チャンチャン。それから、どう釣り方を変えてもフグのオンパレード。結局、メバルはいませんでした。肩すかしでしたね。ここには藻がありませんでした。相談の結果、この戦場を去ることに決定。メガメバルの夢は、本当に数分で消え去ってしまいました。

しかし、このまま帰るわけにもいかず、かねてからチェックしていた、そこからほど近い某場所へ移動。ここには、魚の姿が見られます。「早起きして、ここまで来たんだから、メバルよ釣れてくれ。」という祈りを込めて、仕掛けを投入します。すると、その祈りが通じたのか、1投目からガツーンと当たりが。すぐ近くの岩場に潜り込もうとする魚体を無理矢理引っ張り出し、これまでの思いを込めてぶっこ抜きました。23cmの黒メバル、釣ったりました。連続して22cmの黒メバルをさらに追加。その後も快調にメバルを釣り上げます。しかし、どんどんサイズダウン…。そして、引き潮になった途端、ぱったりと当たりがなくなりました。30分ほどの祭りでした。

それからは、ウキをはずし堤防の際を攻めてみますが、釣れるのはバカフグ、バカギゾ、バカグレ、バカ魚(名前がわかりません…ハゼの親戚か?)のみ。疲れました…。

日中のエビ巻き釣りでは、数は釣れても大物が釣れることがないので、まあ覚悟はしていましたが、佐田岬のメバルはもっとグラマラスなボディであると期待していました。他の場所と変わりません。残念~。やっぱり、大物狙いなら夜ですね。夜のN島です。まあ今回はM会長の都合もあり、N島がキャンセルになった代替えの釣りであったので、仕方がないです。

今年は、これで釣り納め。新たな年にビッグウェイブが来ることを願って今年の釣りを終えたいと思います。いい勉強をさせてもらいました。ありがとうございました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中