デカイカハンター

四国釣行記 - 釣りブログ村釣りブログランキング - 釣りブログ村

皆さん、こんにちは。朝夕は、めっきり寒くなってきましたね。仕事に行くために車に乗ったら外気温計のスイッチを入れて調べるのが日課になっております。一昨日は、4℃でした。氷点下になる日もそう遠くないようです。

最近はエギングも終了かなと思っていますが、先日(23日)にカレイを釣りに行って、「ここには絶対にイカがいる。」と確信した場所があったものですから、懲りずに一昨日(25日)の仕事帰りにしゃくってまいりました。いましたね、アオリイカ!ありがとうございます。まだまだエギング、終わりません!

一昨日は、大急ぎでポイントに行ったのですが、実は残念ながら第1級のポイントは、先客があったんです…。仕方なく第2ポイントへ。ここは、自分がカレイを釣った場所なんですが、どうもピンポイントの場所でイカが釣れるようです(エギンガー情報)。ここには誰もいないので、早速、エギング開始。デカイカに備え、3.5号の餌木をチョイス。これは「エギ薫」という巷で有名な餌木で、臭いの成分が塗り込まれています。表面もしっとりしていて本物の触感に近いんだそうです。

気合いが入りまくりでしたが、その10投目くらいでしょうか。ガツッとした感触。「んっ?当たり?」と思いましたが、よく分からずそのまま竿をしならせましたが、どうも根掛かりのような感触。そのまま強く引っ張るとスーとはずれました。「ああ、根掛かりだったのね。」と思いながら餌木を回収してくると、なんとカンナにイカの下足が…。ガーン。あれは、何と当たりあったのです…。どういう状況だったのか分かりませんが、自分には根掛かりとしか思えませんでした…。「う~ん、まだまだお主も甘いの~。」と独り言を言いながら、「やっぱりイカはここにいる。」と思い直し、さらに餌木を放り投げました。

そうしていると、グイーンと竿がしなり、イカ独特の当たりです。「アザース!」まずまずサイズのイカゲットとなりました。やっぱりいましたね、アオリイカちゃん。

しかしなんですね。ちょっと型が小さい。「今日は、デカイカ釣りに来てるんですが…。」と言いたくなりました。まあお手頃サイズなんですが、今日は、このイカを釣りにきたのではないんですね。デカイカなんです。

まあ1杯釣れたので、気をよくしてさらにしゃくります。第1ポイントが気になるんですが、まだ帰る様子はありません。そうこうしていると、またグイーンとイカちゃんの当たりです。これは、さらに小さい…。しかし、あっさり2杯目ゲットとなりました。

さらに何投目後には、さらに当たり!本来なら、「もう最高。」と巻き取りますが、引きの強さから、それほどビッグサイズではないことが判明。がっかりしながら抜き上げにかかりましたが、この気持ちがイカに伝わったのか、抜き上げの途中で壁に激突。何と海にお帰りになられました…。イカをゲットするには、慎重の上にも慎重にならないといけないことを忘れていました。

結局、2杯で終了。しかし、短時間に4杯のイカからの反応があったことは学習になりました。ここには、ちゃんとイカがいますね。

さあ、この2杯に気をよくしての昨日でした。今日こそは、例の第1級ポイントに入ってデカイカゲットと夕方4時30分出発。すんなり場所に入ることができました。ここは激流ポイント。この激流の中で、沖に出ず泳ぎの弱い魚をがっぽり食しているデカイカが必ずいると読んでいました。

かなりの激流と、岩や藻がひしめき合っている場所ですから、かなりの餌木ロストは覚悟の上でした。それでも今シーズン最後にキロクラスのイカが釣れればよしと考えていました。

夕闇が迫り、どこに餌木が投入されたのかよく分からない時間帯になったときでした。グンとイカ独特の当たり。ドラグがジッジと鳴り響きます。「アザース!」読みどおりのイカの反応に竿を持つ手にも力が入ります。竿がイカのジェット噴射に合わせてグイーングイーンとしなります。慎重に寄せて来ましたが、激流を抜けると引きが弱くなりました。そうなんです、キロクラスではありませんでした。まあちょっと大きめの普通サイズ、激流の中で引いていたので引きも強かったのでしょう。がっかりでしたが、昨日の学習を生かし、しっかりタモで捕らせていただきました。今度こそはと、同じ場所に投げ込みます。暫くして、また当たり。今度もグイーンと竿をしならせます。しかし、海面に現れたのは、イカではなくタコちゃんでした。かなりがっかりしたのですが、これもしっかりタモ入れ。我が家の「たこ飯」決定の瞬間でした。

早々に2杯ゲットして調子こいていたのですが、この2杯をつり上げた「YAMASHITAのエギ王Qオレンジ虹3号」が痛恨のラインブレイク。その後、リーダーの補修をしようとしたところ、リーダーがあと1回分しかないことが判明。この激流ポイントを1本のリーダーでしゃくり続けることは無理だと判断しました。痛恨の場所移動でした。それからは第2ポイントでの釣りとなりましたが、もうやる気は半減していました。早々に退散。まあこのポイントにもイカがいることを確認しましたので、よしとしましょう。今回は無理でしたが、ここには絶対、デカイカがいると思っています。12月になったらメバルにチェンジするので、デカイカは来年までお預けにしておきましょう、心残りはありますが…。

今シーズン、本格的にエギングを始めましたが、14戦13勝1敗。約40杯の釣果でした。1年目のシーズンとしてはまあまあでしょうか。佐田岬や南予などの好漁場で釣る機会が少ない中でのこの数字は、プロ野球なら、新人賞が取れているかもですね(昔、クラウンライターライオンズで投げていた東尾投手みたいって?分かるか!)。来年は3桁を目指して、これから準備をしていきたいと考えています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中