新春カレイ撃沈作戦…、失敗しましたが、何か?

釣りブログランキング - 釣りブログ村

新春カレイを撃沈に行きましたが、撃沈してしまいました。1月5日、堀江港でのリベンジです。満潮が10時8分ということで、満潮前後の潮止まりを狙いました。

 7時50分到着。遅かったですね。自分が釣ろうとしていたカーブの所は、すでに若いお兄ちゃんに占拠されておりました。仕方なくその横のテトラに陣取り、新春カレイ大作戦(?)が始まりました。青い豪腕竿(スピンジョイ)とバズーカ砲(ウィンドキャスト)をセット。30号の錘でぶっ飛ばします。

  ……………(シーン)。沈黙の時間です。「うーむ、今日もだめか。」と少し不安になってきます。しかし、補助竿になにやらあやしい動き。当たりを入れると、竿がグイーンとしなります。「おっ、これは新春初カレイか?」と期待に胸が膨らみます。かなりの手応え。「これなら、30~40cmはありそうだな。」心が躍ります。「どうぞ、このまま、どうぞ、このまま上がってきておくれ!」心の中で祈りながら、ずっしりと重いリールを巻き続けました。

 しかしです。上がってきたのは草フグちゃんでした。それも丸々と太った超メタボくん。「おまえ、どんだけ太っとんねん。」思わず、声が出てしまいました。はー、ショックが大きいです…。

   気を取り直して、続けてファイヤー。今度は、スピンジョイに怪しい当たり。かなりの引きで期待度大でした。しかし…。何と上がってきたのは、ビニール袋でした。その日は、大潮だったためそこの方まで滝のような潮が流れていたのでしょう。ビニール袋も流れますわな…。うーむ、カレイを釣るのってこんなに難しかったっけ?

 そう思っていると、何と隣の若者の竿がグイーンとしなっており、何とタモを用意しているではありませんか。「はあ~、カレイか~。」と思っていると、苦労しながらタモに納まったのは、ジャンボタコでした。チャンチャン。でも、うらやましいですね~。本当は自分がそこで釣る予定だったんですよ。タコの足に「TETSU」と名前、書いてませんか?そう問いかけたかったです。

    そうこうしていると、またサブの竿に何やら怪しい当たり。「もう勘弁してください。神様。」と祈りながらリールを巻き取ります。しかし…。トイレの中にも、堀江港にもそれはそれは奇麗な女神様はいませんでした。何と上がってきたのは、大きなヒトデくんでした…。完全に心がポッキリ折れました。

  しかし、ここでくじけるわけにもいかず、カレイがだめならテトラで、メバル・グレでもと仕掛けを準備してファイヤー!何と、ここでは、チヌ・グレがファイヤー!…。とはいきませんでした…。

手のひらサイズのグレですが、何か?

手のひらサイズのチヌですが、何か?

  結局、豪腕竿やバズーカ砲が活躍する場面は、一度もありませんでした…。

道具は、完璧なんですが…。カレイは、投げ釣り師としてどうしてもあきらめるわけにはいきません。また、近々、リベンジします。しかし、どうも魚を釣る感覚を忘れそうなので、次は、メバルに行きます。フッキング率8割、80匹を目標にがんばります!

 待ってろよ!メバルたち。NISSINの高級竿「舞」硬調5.3mの初陣です!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中